Skip to content

Monthly Archives: 5月 2006

携帯用のBluetoothヘッドセット

先日携帯用のBluetoothヘッドセットを買いました。私の携帯はBluetooth非対応なのでヘッドホン端子に付けるタイプのアダプタも買いました。
デザインの良さでヘッドセットを決め、小ささでアダプタを決めました。ところがどうしても繋がらないのです。買うときに仕様は調べたはずなのに。
ヘッドセットをパソコンに繋いでみたら、これはうまく繋がりました。そこではたと気がついたのがパスキーという4桁の数字です。Bluetoothヘッドセットをパソコンに繋ぐときにはパスキーが必要です。このパスキーはヘッドセットのマニュアルに書いてありました。
でも、携帯のヘッドホン端子に付けるタイプのアダプタなのでパスキーは入力できないのです。マニュアルにもパスキーのことは一言も書いてない。それでしょ うがなくアダプタと同じメーカーのヘッドセットを買いました。当然問題なく繋がりました。そしてそのヘッドセットのマニュアルには、最初に買ったヘッド セットとは違うパスキーが書いてありました。
最初に買ったヘッドセットは米国製、アダプタは日本製。パスキーは装置ごとに決まっていて変更することはできません。セキュリティーというより装置を認識 するためのもののようです。私は買う前にインターネットでいろいろと調べたのですが、アダプタの説明か仕様にパスキーのことがちゃんと書いてあればこんな 無駄な出費をしなくてすんだのに。後でいろいろと探したら、米国製のアダプタを販売しているあるショップサイトには書いてありました。私が見つけたのはそ こだけでした。メーカーのサイトや他のショップサイトにはどこにも書いてなかった。しかし、米国と日本でパスキーが違うというのも納得がいかない。

早く元気になーれ!

先日、久しぶりにテクニカルライター仲間の飲み会がありました。名目は昨年の暮れに行う予定だった忘年会がうやむやになったままで気持ちが悪いので けじめをつけようというもの。10名ほど集まったのですが、ここ○○年メンバーが変わらない。かなりの人がマニュアルから離れている。世代交代もない。
世の中に製品は溢れマニュアルの需要はあるはずなのに、なぜ・・・?
私の経験から推測すると、景気が悪くなると一番先に切り捨てられるのがマニュアル。バブル崩壊以来景気の低迷が続いたのでマニュアル不況が続いている。最近ようやく景気も回復気味なのでマニュアル不況も回復してくれるといいのだが。
仕事がないと人を入れる余裕がない。仕事が忙しいと人を育てる余裕がない。世代交代がないのはこのせい・・・?